美容整形の情報サイト
美容整形ナビ
美容整形ナビトップ > 脂肪吸引

【脂肪吸引】
脂肪吸引法
  └病院一覧

脂肪吸引
■脂肪吸引とは

脂肪吸引は、皮膚に小さな切れ目をいれて、直径2〜4ミリのカニューレと呼ばれる細い管をさしこんで脂肪細胞を吸い出す方法です。現在の技術では、頬、あご、上腕部、お腹、腰まわり、ヒップ、太もも、ふくろはぎなど、あらゆる部位が可能です。           病院によっては、超音波で分解しながら脂肪を吸引したり、シリンジと呼ばれる注射器のような器具を使ったりするところもあります。

■脂肪吸引の原因

脂肪細胞の数は、成長期を過ぎると増えないといわれています。肥満は脂肪細胞の数ではなく、ひとつひとつの細胞が大きくなって起こります。ダイエットをするとこの細胞が小さくなりますが、食べ過ぎると、また元に戻ってしまいます。
しかし脂肪吸引は、脂肪細胞そのものを取ってしまうので、細胞の数が確実に減ります。減った脂肪細胞は、大きくなったり、小さくなったりしても、数自体が減っているので、ボリュームは確実に減ります。
しかも細胞の数は増えることはなく、一度取ったら元に戻ることはないので、その結果太りにくくなります。

■脂肪吸引について

脂肪吸引法について



美容外科の謎に迫る美容外科WEB
美容外科選びは美容外科の謎に迫る美容外科WEB

美容整形ナビ

企画・制作:株式会社ペンシル
〒810-0001 福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル 5F TEL.092-726-1400